髪の悩みを解決

シャンプーと育毛剤の相性

育毛剤の効果をより頭皮や髪に浸透させるためには、毎日のシャンプーは欠かせません。
頭皮の汚れをしっかり落とし、皮脂の状態を正常にしてあげる事で、育毛剤の効果を最大限に引き出すことが出来ます。
ではどの様なシャンプーを使えば良いのか、タイプ別にご紹介します。
また、こちらの育毛シャンプーの値段についての記事も参考にご覧ください。


1、高級アルコール系シャンプー

テレビのCMや、お店などで良く見かける一般的なシャンプーは、ほとんどこれに分類されます。
「高級」とついていますが、これはシャンプーの質の高さを表しているのではなく、シャンプーに含まれる炭素数の多さを表しているものです。
炭素数が多いと泡立ちが良くなるため、一般の使用者には受けがよく、また原料が安く加工もしやすい、と言ったシャンプー製造メーカーにとっては良い事づくしなのです。

実際にはシャンプーの質としてはあまり良いとは言えず、中には洗浄力が強すぎて、頭皮に必要な分の皮脂まで根こそぎ洗い落としてしまうものも存在します。
強力な洗浄力に頭皮が炎症を起こしてしまったり、皮脂の過剰分泌を起こしてしまうなど、頭皮トラブルの原因になることもあります。


2、石けん系シャンプー

石けんを主成分として作られているシャンプーで、成分としては人体への悪影響は無く、高級アルコール系シャンプーに比べるとずっと低刺激です。
しかし、洗浄力は強力な為、高級アルコール系シャンプーと同じく頭皮に必要な皮脂を取り過ぎてしまう事があります。

また、石けん系シャンプーを使うと髪がアルカリ性へ傾いてしまうので、髪がきしんでしまったり、ごわついたりしてしまう事があります。
ですのでクエン酸やお酢などで中和したり、リンスを利用する必要があります。


3、アミノ酸シャンプーhttp://www.washforlife.org/amino.html

このシャンプーは髪や頭皮と同じく弱酸性の成分で出来ていますので、頭皮への刺激が非常に少ないシャンプーです。
また「選択洗浄性機能」を持っているため、頭皮に必要な皮脂やコレステロールなどを適度に残しつつ、汚れだけを落とすことが出来ます。

アミノ酸は髪の成分であるタンパク質の「抗生物質」の為、育毛にとって欠かせない成分でもあるのです。
髪や頭皮への刺激が弱い分、洗浄力は他の二つよりも落ちてしまうため、洗髪後のすっきり感はあまり感じられないかもしれません。
しかしこれは頭皮に必要な皮脂が残っていると言う事なのです。

良い事づくめのシャンプーhttp://www.fixsoil.com/kouka.htmlですが、それだけ製造コストがかかってしまうため、商品価格としてはやはり高くなってしまいます。
しかし髪の悩みをお持ちの方は、このシャンプーの利用を検討してみる事をオススメします。


Copyright(c) 2013 自分の髪質を知る All Rights Reserved.