髪の悩みを解決

薄毛の原因は男性ホルモン?

薄毛や抜け毛で悩む日本人男性は、全体の3割ほどと言われています。
「男性型脱毛症」は壮年性脱毛症や若ハゲなどとも呼ばれており、その名のとおり男性に生じやすい脱毛症です。
では原因は本当に男性ホルモンなのでしょうか?

男性は、体が成長すると共に、男性ホルモンも多く作られるようになります。
しかし成人男性全員が抜け毛に悩んでいる訳ではありません。つまり男性ホルモン自体が原因ではないのです。

「男性型脱毛症」の原因は、男性ホルモン「5aDHT(ジヒドロテストステロン)」を、「5aデヒドロテストステロン」に変えてしまう『5a-リダクターゼ(5aR)』であると言われています。
『5a-リダクターゼ(5aR)』により変化した「5aデヒドロテストステロン」は、毛乳頭や毛母細胞などにダメージを与えます。
つまり男性ホルモンである「5aDHT(ジヒドロテストステロン)」自体は脱毛の原因ではありません。
『5a-リダクターゼ(5aR)』が男性ホルモンを「5aデヒドロテストステロン」に変化させてしまい、これらが毛根に悪影響を与え、結果抜け毛に繋がっているのです。

では『5a-リダクターゼ(5aR)』の発生を抑えるにはどうすればいいのでしょうか?

『5a-リダクターゼ(5aR)』は主に皮脂に多く含まれていると言われています。
そのため、頭皮の毛穴に皮脂が詰まってしまうと『5a-リダクターゼ(5aR)』が通常の男性ホルモンを「5aデヒドロテストステロン」に変化させてしまい、脱毛が発生してしまいます。
皮脂を分泌する皮脂腺も男性ホルモンの増加によって発達するため、男性ホルモンのせいで脱毛していると勘違いされやすいのでしょう。

つまり、男性ホルモンは男性型脱毛症の要素と言えますが、根本的な原因という訳ではありません。
ですので薄毛が遺伝する訳ではなく、「薄毛になりやすい体質」が遺伝されてると言うのが正しいです。

このタイプの抜け毛を防止するには、頭皮の状態を常に健康にしてあげる事が大切だと言えるでしょう。
頭皮環境を良くしたい方には育毛シャンプーがおすすめです!


その他の抜け毛の原因はhttp://www.zihua-ixtapa.com/datumou.htmlにまとめられています。

Copyright(c) 2013 自分の髪質を知る All Rights Reserved.