髪の悩みを解決

海外の育毛剤はどんな物?

日本国内で生産されている育毛剤は安全基準が厳しいため、外国製品に比べるとどうしても効果が薄いものが多いようです。
つまり国内製品と比べると、総合的に外国製品の方が育毛効果は高いと言えるでしょう。
安全基準や法律に違いがあるため、仕方のないことではあります。
日本で作られることのない様な製品が、海外なら製造・販売できる環境となっています。

効果が高い外国製品ですが、しかし日本で売られていないと言うことは中には高い効果に比例して副作用を引き起こす製品も存在します。 http://twitterwit.net/ff.html

海外の育毛剤を使用する場合は、この点に注意する必要があります。
しかし、日本製では効果が感じられない、効果が得られないといった方々は、そういった危険性も理解した上で外国製品を買い求める事も多いと思います。

では、そういった海外製の育毛剤には、どのような効果・副作用があるのでしょうか。
海外の育毛剤を成分で分類した場合、日本でもおなじみであるミノキシジル系、その他デュタステリド系、フィナステリド系などに分ける事が出来ます。
フィナステリド系は特に抜け毛防止に高い効果があり、ミノキシジル系は特に発毛に効果を発揮します。
一般的には、このミノキシジル系とフィナステリド系の併用が多いようです。

海外で人気の育毛剤をいくつかご紹介します。

・プロペシア
飲むタイプの育毛剤で、日本の病院でも男性型脱毛症(AGA)治療に使用されています。
▼詳しくはこちら



・フィンペシア
インドの製薬メーカーが開発した育毛剤で、価格が安いためとても人気がある製品です。いわゆるジェネリック医薬品と言われているものです。

・カークランド
ロゲインのメーカーが製造している製品で、ロゲインよりも価格が安いため人気があります。

・ミノキシジル
アメリカの大手製薬メーカーが開発した育毛剤です。飲むタイプと塗るタイプがあり、発毛効果が高く非常に人気があります。


中には日本のものよりも効果が高いと言われている商品もありますので、口コミなどをよく調べて、気になるものがあれば試しに使ってみるのも良いかもしれません。

海外の商品は気をつけなければいけない注意点がいくつかあるそうです。

↑こちらのサイトに詳しくまとまっていますので是非みなさんご覧ください。

Copyright(c) 2013 自分の髪質を知る All Rights Reserved.